ブログ一覧


福岡市でぬいぐるみを処分するには?供養は必要?

長年大切にしてきたぬいぐるみを手放すのは心苦しいものがあります。そのまま捨てるのは忍びない、ぬいぐるみって供養しないといけないの?とお困りの方も多いはず。

 

事実、弊社が遺品整理や部屋の片づけをする際に、「こういうのって供養したほうがいいんですか?」とご質問を受けます。そこでここでは、ぬいぐるみを処分する際に供養は必要なのか、実際の処分方法は何があるのかをお伝えしていきます。

 

ぬいぐるみ供養の考え方

 

あなたが最も気になるのが供養は必要かどうかではないでしょうか。結論から言いますと、まだ思い入れがあるなら供養をされてください。逆に思い入れが薄れているなら供養は必要ありません。供養をする、しないはあなたの気持ちで決めていただいて大丈夫です。

 

まだ迷っている、どうしても決められないとお考えならぜひ供養を行っておくことをおすすめします。

 

これは実際にご相談いただいた事例(仏壇の事例です)なのですが、以前弊社の仏壇処分をご利用いただいたお客様から、「最近よくないことが多い」「罰が当たったかもしれない」とご相談をいただきました。

 

簡単に流れを説明いたしますと、仏壇を供養せず処分だけしたら、仕事で悪いことが立て続いてしまった。たぶん罰が当たったんだと思う。お祓いをしたい、っということなのです。

 

これは決して脅しているわけではありません。この方も、罰が当たったわけではなく、たまたま悪いことが立て続いただけなのかもしれません。そういうことってよくある話です。

 

しかし、仏壇を供養しなかったという負い目から、罰が当たったと思い込んでしまわれたんですね。

 

実際に罰が当たる、当たらないは誰にもわかりません。ただ、人間というのは悪いことが立て続くと「得体のしれないもののせい」にしてしまいがちなのです。こういった負い目をなくすためにも、供養はしておいたほうが良いと思います。

 

供養は決して難しいものではありません。最寄りの神社やお寺に相談して持ち込むだけで大丈夫です。無料で引き取ってくれるところもありますし、お布施が少しかかるところもあります。

 

もしくは弊社のような業者にダンボールで送るだけ、という方法もあります。ちょっとしたことで今後の気持ちが軽くなるなら、ぜひぬいぐるみの供養を行っておきましょう。

 

福岡市におけるぬいぐるみの処分方法は4つ

 

そのまま処分することを選んでいただいても問題ありません。その際には福岡市のルールに従って処分を行いましょう。ぬいぐるみの処分方法を詳しく解説していますので参考にされてください。

 

ゴミ袋で処分

福岡市ホームページより

 

もっとも簡単なのが福岡市の燃えるゴミ袋で処分する方法です。通常の可燃ごみとして袋に入れましょう。大きなぬいぐるみは切断して、袋の口が縛れるよう複数枚に分けて出していただくとよいでしょう。

 

処分場に持ち込む

ぬいぐるみが大量にあり、ゴミ袋で間に合わないときは、福岡市のゴミ処理場に持ち込むとよいでしょう。利用手順は以下のとおりです。

 

ゴミの自己搬入方法
  1. 自己搬入ごみ事前受付センター(092-433-8234)で予約。インターネット受付はこちら
  2. 予約日の8時30分から16時(月~土)までに指定のゴミ処理場に車で搬入、計量
  3. 指定の場所に下ろす
  4. 再計量後、料金の支払い

 

搬入できる施設は以下の通り。

 

●燃えるゴミ

東部工場 福岡市東区蒲田5丁目11-2
臨海工場 福岡市東区箱崎ふ頭4丁目13-42
クリーン・エネ・パーク南部 春日市大字下白水104-5
西部工場 福岡市西区大字拾六町1191

 

利用にあたっては「分別をしっかりとしておくこと」「手数料に10㎏あたり140円かかること」「場内では係員の指示に従って廃棄すること」を念頭に処分してください。

 

ゴミ処理場は部屋の片づけをする際にとても有用な施設です。いったことがない方は、これを機に一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

粗大ごみで出す

 

袋に入らない大きさのぬいぐるみは粗大ごみとして出すことができます。流れを確認して下さい。

 

粗大ゴミの出し方
  1. 電話受付(092-731-1153)、インターネット受付ライン受付から予約します。
  2. 手数料の支払い(コンビニで粗大ごみ処理券を購入かラインペイで支払い)
  3. 8:30までに指定の場所に出す(粗大ごみ処理券、ラインペイなら受付番号を貼り付ける)

 

という手順で行います。(詳しくは福岡市の粗大ごみの出し方を参照)

 

粗大ごみ処理券の料金は次のとおりです。

 

ぬいぐるみ(一人で持てる大きさ) 300円

 

ぬいぐるみは基本的に300円の粗大ごみ処理券で大丈夫です。ただ、非常に大きく、重量がある場合は500円、1000円とかかる場合もあります。このあたりの判断は予約センターで確認をしてください。

 

業者を利用する

 

最後に業者を利用する方法です。供養までしたいけど時間がない、すべてお任せしたいという方には非常に便利な方法です。

 

例えば弊社ですと、人形の入ったダンボールを送るだけで供養~処分までお任せいただけます。費用は仏壇と同時回収ですと税込5,500円、段ボールによる送付ですと税込8,800円からお受けできます(一人で持てる大きさのダンボールに複数個入れていただいてもOKです)。

 

対象の品仏壇と同時引取段ボールによる送付
仏具・仏像・掛軸無料1点目は8,800円
1点追加ごとに5,500円
ご位牌5,500円/1柱
ご遺影5,500円/1枚
過去帳5,500円/1点
お人形、ぬいぐるみ5,500円/1ケース
その他遺品5,500円/1ケース
神棚8,800円/1社11,000円
備考※お人形、ぬいぐるみ、遺品は段ボール1ケース分です(一人で抱えられる大きさまで)。
※お預かりした供養品は合同供養いたします。
※振込手数料、送料はお客様のご負担となります。
※仏壇以外の供養品は動画のご案内を差し上げておりません。ご了承ください。

 

この料金には

 

・ご供養(魂抜き)

・お布施

・処分費

 

が含まれているため非常に明確です。ほかの処分方法に比べると高くはなりますが、供養までできると考えると非常にお得です(お布施だけでも5,000円~10,000円かかることが多い)。心安らかに供養処分がしたい方は一つの手段としてお考え下さい。

 

まとめ

ここでは福岡市におけるぬいぐるみの処分方法について解説してきました。供養についてはできればしたほうが良いですが、全く気にならないならそのまま処分していただいても大丈夫です。処分する際には福岡市のルールに従って処分しましょう。

 

ぬいぐるみは簡単に捨てる決断ができないものです。この記事があなたの決心つながったのであれば幸いです。

 

人形・ぬいぐるみの供養処分ならアークサービスへ

電話番号:092-836-5104

メールでのお問い合わせはこちら

LINEで簡単問い合わせ↓
友だち追加

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アークサービス. All rights Reserved.