ブログ一覧


大野城市で雛人形・五月人形を供養処分する方法

雛人形や五月人形は適切な時期に処分してあげないといけません。一般的には雛人形や五月人形はお子さんが成人したときや結婚のタイミングで処分する方が多いようです。

 

ここでは大野城市における雛人形・五月人形の余分方法を解説しています。人形供養は必要かどうかもわかりますので、どうぞご覧ください。

 

処分方法としては以下の4つの方法がります。

 

  • ゴミ袋で捨てる
  • 処分場に持ち込む
  • 粗大ごみとして出す
  • 人形の供養処分に対応した業者に依頼する

 

それぞれ見ていきましょう。

 

人形供養は必要?

 

その前に、あなたがもっとも気になることは「人形供養をせずに捨てると罰が当たりそう」ということではないでしょうか? この点について先に述べていきましょう。

 

結論から言いますと、人形に愛着があるのであれば供養を行ってください。反対に、愛着が薄れているのであればそのまま処分していただいて結構です。供養というのは絶対にしなければいけないものではありません。あなたの気持ちで決めていただいて大丈夫なのです。

 

ただ、あなたがもし供養をするのかしないのか迷われているのなら、弊社としては供養をすることをおすすめします。そう考えるようになったきっかけは、あるお客様からご相談をいただことでした。

 

「最近嫌なことが多いです」

 

「仕事でも家でも怪我が立て続いています」

 

「ちゃんと供養しなかったからいけなかったかもしれません」

 

この方は弊社の仏壇供養処分サービスを利用された方で、「供養は要らない」ということでお引取りのみで対応させていただいた方でした。しかしその数ヶ月後、上記のようなことで相談を受けたのでした。

 

さらに詳しく→仏壇処分の際に魂抜きは必要?お布施相場は?

 

このときはお客様の希望により、お祓いを手配させていただき安心していただいたのでした。ここで重要なのが、供養しなかった場合、なにか悪いことが立て続いたときに供養しなかったことを後悔してしまうことなのです。

 

実際に罰が当たる、当たらないは誰にもわかりません。しかし、人間というのは悪いことが多くなると”なにか”のせいにしてしまいがちですよね。このような後悔をしないでいいように、人形の供養はやっておくべきだと思います。人形の供養はそう難しいものではありません。

 

懇意にしているお寺様・神社様があればそちらに相談されてください。特になければ「人形供養+お住まいの地域名」で検索すると探すことができます。お寺や神社で供養をしていただいた後は、そのままお納めして後日お焚き上げをしていただくことになります。

 

もしくは弊社のような供養から処分まですべて引き受けている業者に依頼してもいいと思います。あなたが一番いいと思う方法でご供養なされてください。

 

大野城市における人形の処分方法は4つ

 

ここまでお伝えしてきたように、供養をする・しないはあなたが決めていただいて問題ありません。そのまま処分することを選ばれた場合は以下の方法で処分ができます。

 

ゴミ袋で捨てる

もっとも簡単な方法が、大野城市指定のゴミ袋で捨てる方法です。利用する際には素材ごとに分別をしっかりしてくださいね。
 
可燃性の人形や飾り棚などは燃えるゴミ袋へ。ガラスや金属素材のものは資源ごみ袋に入れて捨てましょう。袋の口が縛ってあること、破れていないことを守って処分するようにしましょう。
 
ゴミ袋に入らない大きさのものは以下の方法を参考にしてください。

 

処分場に持ち込む

 

雛人形・五月人形を処分場への持ち込む方法もあります。以下の施設に直接持ち込むことで安価に処分ができます。

 

施設名 所在地 営業時間 備考
クリーン・エネ・パーク南部 福岡県春日市下白水104-5 月曜日~土曜日
午前8時30分~午後4時(日曜日、1/1~3はお休み)

可燃物

可燃粗大ごみ

春日大野城リサイクルプラザ 春日市春日公園6-2 月~金曜日の平日、第3日曜日
午前8時30分~11時30分、午後1時~午後4時(祝休日、12月30日~1月3日はお休み)

不燃物(ビン・カン・蛍光管・乾電池など)

ペットボトル
不燃粗大ごみ

 

処分手数料は10㎏につき140円です。

 

可燃性の人形やプラスチック部品はクリーン・エネ・パーク南部へ持ち込みます。利用にあたっては予約が必要ですので自己搬入ごみ事前受付をご覧いただき利用してください。

 

ガラスや金属部品は不燃物として春日大野城リサイクルプラザへ持ち込みます。春日大野城リサイクルプラザは予約なしで直接持ち込めます。

 

直接持ち込む手間はありますが、ほかにも処分したいものがあれば一気に処分できるメリットがありますので、利用したことがない方はぜひ利用してみてください。

 

粗大ごみとして処分する

処分場に持ち込めない方は戸別回収を利用するとよいでしょう。戸別回収とは市の委託業者が自宅まで取りに来てくれるサービスです。基本的な流れとしては、

 

  1. コールセンターに電話予約(092-501-2211)
  2. ゴミの種類、住所、名前などを伝える
  3. コールセンターからゴミを出す日や受付番号が伝えられる
  4. 粗大ごみシール(1枚525円)を必要枚数購入し、受付番号と名前を記入
  5. 指定日に指定場所に出す

 

以上のような流れになっています。その際のルールは以下を参考にしていただくとよいでしょう。

 

持ち出し日 月1回(受付のときにお知らせする日 )
出す時間 持ち出し日の夕方から夜10時まで
出す場所 一戸建ては家の前、アパートなどの集合住宅は、専用のごみ置き場。ごみ収集車が入れないところは、地区で決められた場所
守ること

電話予約をして粗大ごみシールを貼る。

1回につき、5個まで。

 

粗大ごみ指定シールの枚数は、概ね20キログラム以下のもので、大人1人で持ち出しできるものなら1枚、 概ね20キログラムを超えるもので、大人2人で持ち出しできるものは2枚必要となります。

 

雛人形・五月人形はほとんどの場合は1点につき1枚で回収してもらえます。7段飾りなど大型のものは2枚に必要になるかもしれません。予約時に聞いておきましょう。

 

行政サービスなので安価に処分ができますが、月に1回しか回収されないことや、1回につき5個までしか出せない、自分で運び出さなければいけないなどのデメリットもあります。この辺りはあなたの状況に応じて利用していただくとよいでしょう。

 

人形供養・処分に対応した業者を利用する

 

通常ですとご供養から処分の手配まで行うと時間と手間がかかります。そこで最も簡単な方法としてすべて業者に代行してもらう方法もあります。(上記写真は仏壇と同時回収させていただいた時の画像です)

 

例えば弊社ですと、人形の入ったダンボールを送るだけで供養~処分までお任せいただけます。

 

対象の品仏壇と同時引取ダンボールによる送付
仏具・仏像・掛軸・位牌・遺影・過去帳無料ダンボール1ケース目は8,000円
1ケース追加ごとに5,000円
人形、ぬいぐるみ5,000円/1ケース
その他遺品5,000円/1ケース
神棚5,000円/1社
備考※ダンボールの最長辺が80㎝以内が目安です。80㎝を超えるものは2ケース分の料金となります。
※お預かりした供養品は合同供養いたします。
※人形のケースや飾りは弊社で処分いたします。
※振込手数料、送料はお客様のご負担となります。
※仏壇以外の供養品は動画のご案内を差し上げておりません。

 

この料金には

 

・ご供養(魂抜き)

・お布施

・処分費

 

が含まれているため非常に明確です。お坊様へのお布施も含まれているため、いくら包めばいいのか悩む必要もございません。他の処分方法に比べると割高であるというデメリットがございますが、自分たちではどうして良いのかわからない、すべてお任せしたいという方には喜んでいただいています。

 

雛人形・五月人形・ぬいぐるみの送り方

 

※大野城市であれば出張費3,000円でお引き取りに伺うことも可能です。

 

まとめ

大野城市における雛人形・五月人形の供養と処分方法について解説してきましたが、お役に立てたでしょうか?

 

供養をするかしないかでお悩みならぜひしてあげてください。全くそういったことが気にならない方以外は供養をしておいたほうが今後の人生の心持が軽くなるはずです。

 

処分方法については行政サービスを利用するのがもっとも安価に処分ができます。しかし、人形をゴミ袋で捨てることに抵抗がある方は、神社に持ち込んだり弊社のような供養処分業者にお任せいただければと思います。

 

人形の供養処分ならアークサービスへ

電話番号:092-836-5104

メールでのお問い合わせはこちら

LINEで簡単問い合わせ↓
友だち追加

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アークサービス. All rights Reserved.