実績紹介


福岡市西区|空き家に安置されていた仏壇の供養処分

福岡市西区|空き家に安置されていた仏壇の供養処分 After

Before

作業・施工内容

仏壇の供養処分を行っているアークサービスです。

 

仏壇を処分するなんてことは人生のうちでそう何度もあることではありません。弊社をご利用いただくお客様は100%新規のお客様です。なので、「どんな人が来るんだろう?」「どんなふうに持っていってもらえるんだろう?」と不安な方が多いです。そこで今回は弊社の仏壇供養処分サービスがどのような流れで進んでいくのかご紹介したいと思います。

 

ご相談・お見積り

今回ご紹介させていただくのは福岡市西区に実家があり、長年空き家にしていた方からご依頼をいただきました。「この度実家の解体が決まりまして、ずっと放置していた仏壇を処分したいと考えています」とのご相談をいただきました。(掲載の許可をいただきありがとうございました)

 

弊社では事前に「大きさ」「安置場所」「階段の有無」などをお聞きし、料金をお伝えしています。このときは

 

・仏壇の高さ140cm

・1階

・建物前にトラック駐車可

・遺影、遺品も供養してほしい

 

というご条件でした。この条件ですと、

 

仏壇 65,000円

1階、建物前に駐車可で追加料金無し

遺影、遺品の引取供養(段ボール1個) 5,500円

合計70,500円(税込)

 

でのご対応でした。この料金には

 

  • 引取基本出張料金
  • 一時保管
  • 供養(魂抜き)
  • 処分

 

上記料金が含まれておりますので、仏壇処分に関するお悩みはすべて解決できるサービスとなっております。一般的な相場でいいますと、魂抜きのみお願いするだけで3万円程度のお布施がかかるため、すべて任せてこの料金は利用しやすいと思います。料金にもサービス内容にもご納得いただき、作業当日を迎えました。実際に伺った時の状況は以下のとおりです。

 

仏壇のお引取り

お客様の話では8年以上空き家にしていたとのこと。実家を相続したものの、すでに自分の家がありずっと放置している方は珍しくありません。むしろこれからの時代、同じ状況の方は増えていくことが予想されます。8年も放置されていたことから、「土足で入ってください」とのことでしたので靴のままで上がらせていただきます。

 

仏壇は仏間に安置してありました。遺影も安置されています。

 

 

この仏壇は2つに分離できるタイプで、100cmを超える仏壇はこのセパレートタイプがほとんど。仏壇の上部分を慎重に引き出します。すると30年分のホコリが。これを掃除機で吸い取り、拭き上げます。

 

 

その後はジャバラ(養生カバー)で傷がつかないように包んでいきます。

 

 

 

 

養生したあとにさらに荷締めベルトで固定。カバーがずれないようにし、場合によっては持ち手として利用します。

 

 

この状態で部屋から運び出していきます。

 

 

 

今回は仏具一式もお引取り。仏壇処分をご依頼いただいたお客様のみ仏具一式無料でお引取りします。経机、ろうそく立て、お輪などすでにまとめておいていただけました。

 

 

 

それとは別に遺品の供養もご希望でした。今回はお写真。(↓)

 

 

これらを段ボールにまとめさせていただきトラックに積み込みます。その後料金をお支払いいただき作業は完了となります。

 

ご供養・処分

引き取った仏壇は弊社で保管し、概ね半年毎に住職様に供養(魂抜き)を行っていただきます。

 

【実際の供養の様子】

 

魂抜きが終わりますと、仏壇は礼拝の対象からただの入れ物となり処分することができます。また、実際に供養をやってくれているのか心配な方のために、供養の様子をYou Tubeにアップし、弊社をご利用いただいた方に動画で視聴いただけるサービスを提供しております。

 

【実際の供養の様子をYouTubeにて確認いただけます】

 

仏壇の供養処分でお困りでしたらぜひご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アークサービス. All rights Reserved.