ブログ一覧


久留米市で布団を処分する3つの方法

お客様用に余分に用意していた布団がじゃまになったり、使っている布団が古くなったりした場合処分をカンガル必要が出てきます。久留米市で布団を捨てるには以下の3つの方法がおすすめです。

 

  1. クリーンセンターを利用
  2. 粗大ゴミ回収を利用
  3. 不用品回収業者を利用

 

それぞれ解説していきます。

 

クリーンセンターを利用する

 

自分のタイミングで安価に処分する方法として、久留米市のクリーンセンターを利用する方法がおすすめです。久留米市内にお住まいの方なら誰でも利用でき、10kgあたり50円という安さで処分してくれます。

 

搬入できる施設は以下の通りです。

施設名 所在地 可燃物 不燃物 備考
宮ノ陣クリーンセンター 久留米市宮ノ陣町八丁島2225 古紙・布類は搬入不可
上津クリーンセンター 久留米市上津町2199‐35 × 陶器や金属類はすべて不可
 
【営業時間】8:30~17:00(月~土)
【処分手数料】10kgあたり50円
 
部屋からの運び出しや運搬をすべて自分で行わないといけませんが、それに見合った節約が可能な施設です。布団の持ち込みは1日2回までというルールがあります。大量にある場合は数日に分けて利用すると良いでしょう。綿布団など昔ながらの布団は見た目以上に重量があります。運び出しの際には怪我に注意して、協力者がいらっしゃれば一緒に作業を行うことをおすすめします。

 

粗大ごみとして回収してもらう

布団と枕

 

車がなくクリーンセンターを利用できない方は、粗大ゴミ回収サービスを利用すると便利です。利用方法は以下の通り。

 

粗大ゴミの出し方
  1. 粗大ごみ受付コールセンター(0942-37-3383)に申し込む
  2. 粗大ゴミ処理ステッカーの購入(310円・630円・1270円)
  3. 粗大ごみにステッカーを貼り、収集日の午前8時30分までに指定場所に出す

 

【画像引用:久留米市ホームページ】

 

  • 粗大ゴミ処理ステッカーは、市内の金融機関、各総合支所(環境建設課)、各市民センター、環境部資源循環推進課で購入できます。
  • 持ち出しサービスの利用は、粗大ごみ手数料と別に630円の粗大ごみステッカーを購入する(1回5品まで)
  • 1週間前までに予約が必要

 

布団1組 310円

 

布団の手数料は2枚一組で310円の粗大ゴミ処理ステッカーを添付して指定場所に出しておきます。3組、4組ある場合は粗大ゴミ処理ステッカーも3枚、4枚と必要となります。久留米市の粗大ゴミ回収は月に1度となっています。これを逃すと1ヶ月先送りとなるため、回収日はこちらで確認して予約しておきましょう。

 

不用品回収業者を利用する

クリーンセンターや粗大ゴミ回収の利用が難しい方(時間がない、協力者がいない)は、不用品回収業者や片付け業者を利用すると便利です。行政サービスのように310円で回収、というのは難しいですが、あなたの都合に合わせて引き取りに来てもらえます。

 

他に処分したいものがある場合や、重量物を処分したい場合にも頼りになる存在です。業者ごとに料金設定が違いますので、利用の際にはしっかりと見積もりをとって利用してください。

 

久留米市の片付け業者アークサービス

 

まとめ

ここでは久留米市での布団の捨て方を3つ紹介しました。節約したい場合にはクリーンセンターや粗大ゴミ回収サービスを利用するのが一番です。手間はかかりますが、それに見合った有用な施設です。どうしても利用が難しいときは民間サービスの不用品回収業者なども利用すると良いでしょう。なにごとも使いようです。できないことはできるものに任せてしまうのも一つの手段です。

 

部屋まるごとお片付けならアークサービスへ!

電話番号:092-836-5104

メールでのお問い合わせはこちら

LINEで簡単問い合わせ↓
友だち追加

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アークサービス. All rights Reserved.