ブログ一覧


唐津市でベッド・マットレスを処分する4つの方法

ここでは唐津市にてベッドとマットレスを処分する方法を解説しています。ベッドやマットレスはいざ処分を考えると非常に手間のかかる粗大ゴミです。唐津市ではどのような処分方法になるのかご覧ください。まずは結論から。

 

  • リサイクルする
  • 処分場に持ち込む
  • 粗大ゴミとして出す
  • 不用品回収業者を利用する

 

それぞれ見ていきましょう。

 

ベッド・マットレスはリサイクルしよう!

写真引用:ジモティー

 

処分する前に考えたいのがリユース(売る、譲る)です。大切に使っていて見た目がきれいなベッドやマットレスは売ることができます。ただしフランスベッド、シーリーベッド、日本ベッド、ルフ、アスリープ、マスターウォール、リアルスタイル、シモンズなどのブランド品が買取対象であるとお考えください。

 

ノンブランドでも売れないことはないですが、買取しているリサイクルショップは限られてくるでしょう。

 

買い取り対象とならないものはジモティーなどの無料掲示板に出品してみるとよいでしょう。個人間の取引となるため、気に入ってもらえればすぐに引き取ってもらえます。大型家具になるため運搬がネックとなります。引き渡し方法をしっかりと確認したうえで利用してくださいね。

 

ベッド・マットレスを処分場に持ち込む

 

リサイクルができないベッドやマットレス処分することになります。ベッドやマットレスは大型ごみとなるため捨て方が限られています。まずはご自身で処分場にぼ見込む方法をお伝えしていきましょう。利用できるゴミ処理施設は以下の通り。

 

唐津市清掃センター 佐賀県唐津市北波多岸山234番地2(0955-64-3106) 燃えるゴミ、燃えないごみ、粗大ゴミ

 

※月曜日から金曜日(8:30~12:00 13:00~16:00)

※毎月第3土曜日(8:30~12:00)

※処分手数料 50kg以下410円 50kgを超える場合50kgまでごとに410円を加算

 

ベッドやマットレスに限らずほかのゴミをもっていくと効率が良いです。ただ、何でも持ち込めるわけではありません。危険物(シンナー、ガスボンベなど)、資源物(新聞、雑誌、ペットボトルなど)、リサイクル家電(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機)などは専門業者に依頼したり、リサイクルボックスを利用したりして処分しましょう。詳しくは以下のリンクより確認してください。

 

持ち込み不可一覧

 

ご自身で判断がつかないものに関しては、生活環境対策課(0955-72-9124)に問い合わせると親切に教えてもらえます。ご自身で処分する手間はかかりますが、安価にゴミを処分できますのでぜひ利用してみてください。

 

ベッド・マットレスを粗大ごみとして出す

 

唐津市清掃センターを利用できない方は唐津市の戸別回収を利用するとよいでしょう。利用手順は以下の通りです。

 

  1. 粗大ごみ処理券の購入
  2. 名前の記入
  3. 粗大ごみに貼り付け
  4. 対応業者に連絡

 

対応業者

  • 唐津地区→唐津市清掃センター(電話番号:0955-64-3107)に予約し個別回収
  • 浜玉地区→(有)浜玉環境開発(電話番号:0955-56-2019)に連絡
  • 厳木・相知・北波多・肥前・鎮西・呼子・七山地区→粗大ごみ回収日に指定のゴミステーションに出す

 

粗大ごみ処理券

  • 一品の重量がおおむね15キログラム未満
    100円(処理券:黄色)
  • 一品の重量がおおむね15キログラム以上30キログラム未満
    210円
    (処理券:青色)
  • 一品の重量がおおむね30キログラム以上
    410円(処理券:桃色)

 

このような流れになります。粗大ごみ処理券はゴミ袋を販売しているところで購入できます。例えばコンビニ等ですね。粗大ゴミ回収を利用する場合は指定の場所まで運び出しておく必要があります。部屋の中まで取りに来てはくれないので注意してください。厳木・相知・北波多・肥前・鎮西・呼子・七山地区は戸別回収には対応していないため、回収日にゴミステーションに出しておく流れとなります。

 

不用品回収業者を利用する

 

忙しく時間がなかったり、運び出しが難しい一人暮らしの方は不用品回収業者や片付け業者を利用すると便利です。運び出し・処分まで全て行ってくれるので手間がかかりません。また、あなたの都合に合わせて対応してくれるのも大きなメリットです。

 

特にベッドやマットレスは一人では運び出すのが難しい粗大ゴミです。正直に申しますと料金に関しては自治体のサービスのように数百円、というわけにはいきませんが、手間のかかる作業や男手が必要な作業ではたいへん頼りになる存在です。

 

料金設定は業者ごとに異なるため、事前にしっかり見積もりを取り、納得した上で利用するようにしてください。使い方によっては料金以上に満足できるはずです。

 

唐津市の片付け業者アークサービス

 

まとめ

ここでは処分に手間がかかるベッドとマットレスの処分方法を解説してきました。きれいな状態ならまずはリサイクルショップに査定してもらいましょう。どうしても処分しないといけない場合は、行政サービスを利用すると処分代を節約できます。

 

行政サービスの利用が難しかったり、一気にお片付けをしたいときには片付け業者を利用すると便利です。あなたの状況に合わせて処分方法をお選びください。

 

部屋まるごとお片付けならアークサービスへ!

電話番号:092-836-5104

メールでのお問い合わせはこちら

LINEで簡単問い合わせ↓
友だち追加

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アークサービス. All rights Reserved.