ブログ一覧


下関市でタンス・食器棚・収納箱を処分する4つの方法

実家の片付けや遺品整理で必ず出てくるのがタンスや食器棚などの収納家具です。細かなゴミはゴミステーションに捨てられますが、大きなタンスは簡単には捨てられません。そこでこのページでは、下関市においてタンスや食器棚などの収納家具を処分するための方法をわかりやすく解説していきます。これからお片付けの方はお役立てください。

 

タンスや棚はリユースできる

写真引用:ジモティー

 

処分する前に考えたいのがリユース(売る、譲る)です。比較的きれいなものはぜひリサイクルショップに査定してもらいましょう。おおよその目安ですが、「5年以内の製品」「見た目がきれい」であれば買取してもらえるはずです。最寄りのリサイクルショップで構いませんので、問い合わせてみましょう。

 

ちなみに一昔前の黒っぽい家具や、深い紫色の家具は売れないとお考えください。例えば↓のような家具です。

 

 

こういった「濃い色」の家具は20年くらいに前に流行った色で、婚礼家具などに使われていました。今では人気がないため買取対象にはならないようです。

 

また、値段が使いないタンスや食器棚でも、ジモティーなどの無料掲示板に出品することで引き取り手を見つける方法もあります。ただし、運搬が難しい大型家具は取引数自体が少ない傾向にあります。出品したものの問い合わせがまったくないということも考えられます。もし利用する場合には、例えば1週間で決まらなかったら諦めるなど目標を決めて出品することをおすすめします。

 

タンスや棚を自分で処分する

 

リユースが難しい場合は処分することになります。

 

まずは自分で処分する方法をお伝えしておきます。かなりの力技ですので参考程度にご覧ください。下関市では「指定ごみ袋に入る大きさまで小さくすることでゴミステーションに出せる」のです。

 

例えば電動ノコギリを使って、タンスを小さく切断し、下関指定の燃やせるゴミ袋に入れることで処分が可能です。条件としては「木製部分のみ」「口がしばれる」「1袋10kgを超えない」ようにすれば定期回収で回収してもらえます。

 

当然のとこですが解体、切断は大変な労力を伴います。ただ、ゴミ袋代だけで処分できますので、腕に自身がある方は挑戦してみても良いかもしれません。(金属やガラス部分は専用の袋で処分してください)

 

現実的な方法では、ご自身でクリーンセンターに持ち込む方法があります。この方法ですと車が必要となりますが、あなたのタイミングで処分が可能です。利用できる施設は以下の通り。

 

施設名 所在地 可燃 不燃 備考
クリーンセンター響 山口県下関市豊浦町大字宇賀3528-12 粗大ごみも可能
吉母管理場 山口県下関市大字吉母字舟頭332-1 × 電池は不可
奥山工場 山口県下関市大字井田字桑木378 × 古紙などの資源ごみは不可

※受付日:月曜日から金曜日まで(祝日も持込可能) 、土日、年末年始休館
※受付時間:8時15分から16時まで

 

クリーンセンター響:083-776-0321

吉母管理場:083-286-2803

奥山工場:083-257-5311

 
利用方法
  1. 受付(身分証明証、車検証の提示)
  2. 車ごと計量
  3. 誘導に従いゴミを下ろす
  4. 再計量
  5. 支払い
 
タンスや食器棚は可燃粗大ゴミになるため、クリーンセンター響もしくは奥山工場に持ち込みます。食器棚などにはガラスが嵌め込まれていることがあります。ご自身で外せるなら外しておきましょう。外せなかったり、外すことが危険な場合はそのまま持ち込んでも大丈夫です。
 
手数料は100kgごとに520円です。100kgが最小単位ですので、他の不用品があれば一緒に持っていくと良いでしょう。16時には完全に閉館となるため、15:30までに入場したいところです。

 

タンスや棚を粗大ごみで出す

 

クリーンセンターの利用が難しい場合は下関市の戸別回収(粗大ゴミ回収)で回収してもらうことができます。利用手順は以下の通り。

 

粗大ゴミの出し方
  1. 粗大ごみ等受付センター(083-254-5380)に電話で申込み、もしくはネット申込み
  2. 処理券は、100円券・300円券・500円券(組み合わせて利用可能)
  3. 粗大ごみにステッカーを貼り、収集日の午前8時30分までに指定場所に出す

 

粗大ごみ処理券はコンビニやドラッグストアで販売されています。

 

3辺の和が150cm未満(樹脂製のみ) 100円
3辺の和が200cm未満(上記の物を除く) 300円
3辺の和が200cm以上300cm未満 500円
3辺の和が300cm以上400cm未満 700円
3辺の和が400cm以上 1000円

 

タンスや棚は大きさにより料金が異なります。例えば↓のタンスは幅70cm、高さ90cm、奥行き40cmだったとします。

 

 

この場合「70cm+90cm+40cm=200cm」となり、500円の粗大ごみ処理券を購入する、ということになります。

 

戸別回収では1度につき15点まで出すことができます。予約時に日程を決め、当日の8:30までに指定の場所に出す形になります。部屋に入っての運び出しには対応されていませんので、ご自身か、協力者に手伝ってもらって指定の場所に出しておきましょう。

 

下関市粗大ゴミ等受付センター

 

下関市粗大ゴミ手数料

 

不用品回収業者を利用する

 

忙しく時間がなかったり、部屋を一気に片付けたい方などは不用品回収業者や片付け業者を利用すると便利です。仕分け・分別・袋詰・運び出し・処分まで全て行ってくれるので手間がかかりません。また、あなたの都合に合わせて対応してくれるのも大きなメリットです。

 

正直に申しますと料金に関しては自治体のサービスのように数百円、というわけにはいきませんが、手間のかかる作業や男手が必要な作業ではたいへん頼りになる存在です。

 

料金設定は業者ごとに異なるため、事前にしっかり見積もりを取り、納得した上で利用するようにしてください。使い方によっては料金以上に満足できるはずです。

 

下関市の片付け業者アークサービス

 

まとめ

ここではタンスや食器棚、本棚といった収納家具の処分方法を解説してきました。

 

下関市では、「リユースする」「クリーンセンターに持ち込む」「戸別回収」「不用品回収業者に依頼」の4つの方法があります。やはりご自身で処分するのがもっとも節約になりますが、大型で重量のある家具は簡単に持ち出せるものではありません。

 

協力者がいない方などは、民間の不用品回収業者や片付け業者を利用すると良いでしょう。あなたの状況に合わせてお選びください。

 

部屋まるごとお片付けならアークサービスへ!

電話番号:092-836-5104

メールでのお問い合わせはこちら

LINEで簡単問い合わせ↓
友だち追加

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アークサービス. All rights Reserved.